注目成分、スルフォラファン

 

スルフォラファンとは、アブラナ科の植物に豊富に含まれている揮発性の香り成分であり、主に玉ねぎやニラ、香りのつよいネギなどに多く含まれています。この成分はファイトケミカルと呼ばれ、体内で健康効果や美容効果をもたらす成分として広く知られています。
フィトケミカルとは、植物が自らを守るために備えた成分であり、強い抗酸化作用や殺菌作用などを持っています。

 

中でも有名なものとして、お茶に多く含まれ、殺菌解毒作用の強いカテキンや、唐辛子に含まれ、脂肪燃焼を促進してくれるカプサイシンなどがあります。

 

また、ブルーベリーやビルベリーなどに含まれるアントシアニンは、視神経の修復や疲れを改善する働きがあることで知られています。
アブラナ科の植物に含まれるこの香り成分は、血液の凝固を防いでサラサラにしてくれるので、血流をアップさせて冷え性を予防し、万病から体を保護してくれる働きがあります。

 

揮発性ですから、野菜を細かく切るようにし、切った断面が多くなるようにすると香りが広がって効果が高まります。

 

香りが強く気になるという人は、スープなどにして食べると多くの量を摂取することができます。

 

今のところサプリメントとして精製されているものは少ないので、なるべく野菜からとるようにするとよいでしょう。